好きな人の特別な存在になるために

好きな人の目を見て話してる?

好きな人と目を合わせると少し恥ずかしい気持ちになってしまいます。

だから、目が合うとドキっとして、つい照れ隠しで目を反らしてしまう人がいますが、それは間違いです。

じつは、視線を好きな人に向けるだけで、好意を伝えることが出来るのです。

逆に、恥ずかしくて目を反らすという行為は、相手に「嫌われているのかな?」と思わせてしまう原因にもなってしまいます。

視線の使い方はイロイロ♪

好きな人を目で追っているうちに、相手の男性と目が合った時、ニコっと笑顔を作ってから視線を反らすことで「意識されているのかな?」と相手に思わせることが出来ます。

しかし、単純な人ばかりではないですし、男の人は鈍感な人も多いので、はっきりと自分が好きなことをアピールするには、他のテクニックも使わなくてはなりません。

たとえば、好きな男性と話している時は、目を見て話すことが大切。視線が男性に向いていないと「興味がないのかな?素っ気ないな〜」といった印象を与えかねないからです。

好きな人と話している時は、あなたの全くない興味のない話でも真剣に目を見て話しを聞くように心がけましょう。

自分の話を真剣に聞いてくれる人は、男女問わず好感を抱くものです。そして「また話したい!」と思わせることが出来ます。男性は、そういう女性に惹かれていくので、ぜひこの恋愛テクニックにチャレンジしてみましょう。