相手の目を見て話をしていますか?

相手の目を見て話をしていますか?

好きな人の目を見ていますか?

恥ずかしいかもしれませんが、相手の目を見て話をしないと好意をもたれることはありません。

視線を避けると「避けられている。」「隠しことをしている」と判断されてしまうのです。だから、相手の目を見て話す行為は、相手に対して「警戒心はありません」「心を開いてますよ」といったサインになるわけなんですね。

ただ、目を見るのはなかなかムツカシイかと思います。それに見られている方もジッと見つめられ続けても困惑します。だから、目より少し下にある鼻のあたりを見ながら、話をするといいでしょう。

できれば、視線があったときに目をそらす行為も、相手にとって不愉快にさせてしまう可能性があります。どうしても、恥ずかしいときは、横にそらさず、下にそらしましょう。

これなら「相手も恥ずかしいだけかも…。」と感じるので、マイナスのイメージで受け取られることもないでしょう。それだけ、視線というのは、恋愛においても重要なポジションにあるわけなんですね^^

今後は視線も意識するといいですよ^^

恋愛上手になるための方法