表現を変えて彼を誘導しよう

表現を変えて自分の気持ちを伝える

彼に「〜なって欲しい。」「もっと〜して欲しい。」と思っていたとき、あなたはどうしていますか?

我慢して我慢して、ある日、積もり積もった感情をそのまま彼にぶつけてしまうケースが多いのではないでしょうか?

これでは、気持ちが伝わるどころか、逆に彼の気分を損ねてしまいます。

きっと、彼のためを思って言ったはずなのに、出てくる言葉は、無意識のうちに批判的なことって結構あるんですよね。これでは、彼もあなたを避けてしまいます。

批判的な言葉よりも「〜してくれると嬉しいな。」「〜なら、ぜったいコッチの方がいいよ。」など少し言い方を変えるだけで、相手が受け取る印象も大きく変わります。

男性のプライドを満足させつつ、自分の気持ちを伝え、誘導させていきましょう。 はじめは少しむつかしいかもしれないけれど、習慣づければ、決して難しいことではありませんよ^^

恋愛上手になるための方法